ベビー用品 人気ランキング

  • ALL
  • ベビー用品レンタルショップランキング
  • レンタル だっこひも ランキング
  • レンタル チャイルドシートランキング
  • レンタル ハイ ローチェア ランキング
  • レンタル バウンサー ランキング
  • レンタル ベビー 体重計
  • レンタル ベビーカー ランキング
  • レンタル ベビーバス ランキング
  • レンタル ベビーベッド ランキング
  • レンタル ベビーベッド ランキング
  • レンタル ベビー用おもちゃ
  • レンタル 搾乳器 ランキング
  • 赤ちゃんに必要なものランキング

2

レンタル料金
ベビーベッドの場合 6,372円~15,984円
評価
対応エリア
全国(離島を除く)
おすすめポイント
ベビー用品のオンラインカタログ「ベビーランド(BabyLand)」は、日曜・祭日の配達にも対応してくれるので、急いでいる時にも便利です。

レンタル期間や台数を限定した「特別特価レンタル」の対象商品は、お得にレンタルすることができます。

また、特価セールやレンタル品割引クーポン券など、独自サービスも実施しています。

東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県のレンタル送料(往復)は無料ですが、それ以外の地域には配送料がかかりますので、事前の確認が必要です(※リース料金が1点につき税込8,640円以下の場合、別途エリアに応じた配達料金がかかります)。

このほか、ベビーランドでは「ベビーふとん丸洗い」サービスも行っていますので、オークションでやリサイクルで商品を購入したママは要チェックです!
総評
500点以上のベビー用品レンタルを揃え、地域によっては、翌日の配送もしてくれるベビーランド。
数量限定、週替わりで、特別価格でレンタルできるキャンペーンは、お得にレンタルできるチャンスなので、ベビーカーやベビーベッド、チャイルドシートなどのレンタルを検討しているなら、チェックしておきましょう。
里帰り先で使える「おまかせ里帰り出産バリューパック」は、ベッド、布団セット、体重計、ベビーバスなど、必要なものがセットになっていてお得です。
レンタル商品は、1点1点手洗いでクリーニングしているので、安心して使うことができます。

ベビー用品レンタルのほか、ベビーカーやチャイルドシート、抱っこ紐などベビー用品のクリーニングや、出産内祝いギフトの取り扱いもあります。

19

ベビーベッドレンタル専門店 ヤマサキ

自社工場でベビーベッド製造 ヤマサキ

レンタル料金
ベビーベッド 4,500円~9,500円
評価
対応エリア
自社便は岡山市、倉敷市、総社市、玉野市、早島町。宅配便は全国(沖縄を除く)
おすすめポイント
ベビー用品のレンタルを行っているヤマサキでは、岡山の自社工場でベビーベッドを生産しています。ヨーロッパでは赤ちゃんのおもちゃにも使われているドイツ製のブナ材を使い、赤ちゃんが触る部分は手作業で面取り。

ホルムアルデヒドやトルエン、キシレンなど、シックハウス症候群の原因となる有害物質を一切含まない、安全な塗料や接着剤を使っています。レンタル商品のクリーニングには、食品添加物でできたアルコール製剤が使われているので、赤ちゃんが舐めてしまっても安心。

ベビーベッドのレンタルは、自社で製造したものなので、使用中に傷をつけてしまったり、破損させてしまった場合でも修理ができます。1回の利用金額が3,000円以上で自社便を使う場合には、配達・回収料は無料。組み立てや解体も無料で行ってくれます。

早期返却の場合、差額を返金してくれるサービスもあります(自社便エリアであること、レンタル設定のある期間であること、延長していないことなど、条件を満たしている場合に限り)。

30

ベビー用品のレンタルショップ「ベビードア」

セレブが愛用する厳選された商品取り扱い

レンタル料金
ベビーカーの場合 3,800円 ~ 26,000円
評価
対応エリア
不明
おすすめポイント
「友達や家族に子どもが生まれた」という人のために、ベビードアではギフトセットの販売を行なっています。ベビー用の靴下や前掛けのセット、赤ちゃんの肌に優しい今治タオルセット、1~6歳まで使えて身体をしっかりと包み込むマイクロビーズ使用のキッズソファーなどさまざまなギフトを用意。

3,000~16,500円の価格帯でプレゼントを選ぶことができます。うさぎや象、小鳥などデザインが選べてカラーバリエーションもピンクやブルー、レッド、ネイビーと豊富です。
総評
東京都に拠点を置き全国に発送対応しているベビードア。取り扱いブランドは10ブランド以上と、お気に入りのブランドを選んで利用することができます。

また最新のベビー用品が手ごろな価格でレンタルできるため、気になるアイテムを試してみてほかのブランドと比べることが可能です。また赤ちゃんの成長に合わせて不要になったアイテムを返却すれば、部屋のスペースを取らずに済むのが魅力。ベビー用品は全部そろえるとそれなりにコストが掛かるものです。

しかしレンタルを上手く利用すればコストを抑えることができます。子育てはずっと続いていくものです。子どもが成長すれば、小学校、中学校、高校と勉強に必要なお金も掛かってきます。節約できるところは節約して、無理なく楽しく子育てを楽しみましょう。
PAGE TOP